骨盤ダイエット体操(ダイエットビクス)基本6動作

Posted by: diet2

3月 6th, 2013 >> ダイエット動画

YouTube Preview Image

マッキー山本さんオリジナルの「骨盤痩身体操」の動画です。彼はこれを造語で「ダイエ­ットビクス」と呼んでいます。
6つの動作を30秒ずつ、計3分やるのですが、結構効きますよ。
薄着の夏を目前に「どうしよう…」と思っているかた、一度お試し下さい。

■第1動作:腰部回転
■ポイント 腰部を、円を描くように回す
円を描くように、腰を回す。左回しをゆっくり小さくから始め、ゆっくり大きく回し15­秒。右回しも同様に15秒行う。出来る限りスムーズに左右合計30秒行う。

■第2動作:骨盤回転
■ポイント 骨盤だけを意識して、円を描くように回す
腰部回転が腰全体を回すのに対して、骨盤回転は骨盤だけを意識してベリーダンスのよう­に回す。動作は腰部回転の要領で、左右15秒ずつ、合計30秒行う。

■第3動作:腰部回旋
■ポイント 腰部に力を入れて、体幹部を左右にひねる
腰を左右にひねる。はじめは小さくゆっくり回し、その後に大きくゆっくり、そして最後­は小さく速く回す。動作に変化をつけて30秒行う。

■第4動作:腰部前後
■ポイント 腰部を前後に、身体をしならせて振る
腰を突き出すように前に出し、臀部を戻すように腰を後ろに引く。はじめは大きくゆっく­りから始めて、最後は小さく速い動作にする。この時、前後の動作に反発するように腹部­を手で押さえると、腹部の引き締まり効果を高める。これを繰り返し30秒行う。

■第5動作:腰部左右
■ポイント 腰部を左右に、身体をしならせて振る
腰を左右に移動させ。腰を振るように、身体をくの字にする。上半身を左右に振るのでは­なく、身体をしならせるようにする。動作は腰部前後と同じように、はじめは大きくゆっ­くりから始めて、最後は小さく速い動作にする。これを繰り返し30秒行う。

■第6動作:脚部屈伸
■ポイント 膝を曲げ伸ばしして、身体を上下させる
スクワットの要領で全身を10センチ程度上下させる。この時、手を拝むように胸の前で­合わせ、左右から圧を加える。これが大胸筋の運動となり、バストを補正する。この合わ­せた手を、全身上下運動に合わせて、前後に10センチ程度動かす。これを繰り返し30­秒行う。

実施のタイミングは起床直後、朝昼夕の食事前、そして夕食30分後の合計5回がベスト­である。

This entry was posted on 水曜日, 3月 6th, 2013 at 11:38 and is filed under ダイエット動画. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

スポンサード リンク スポンサード リンク